FC2ブログ

*金魚とインコと猫な日々*

金魚とセキセイインコと猫との日々を写真を中心に10年間綴ってきました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

ベリーのこと。

ベリーの旅立ちの記事には、いつもより多くの方が訪れて下さいました。
たくさんの方に見送られて、ベリーは幸せだったと思います。
また、温かいメッセージもたくさんいただき、心から感謝しています。
悲しい気持ちに寄り添っていただけたことで、どれだけ救われたかわかりません。
皆さんの言葉がなかったら、もっと深い悲しみの底に沈んでいたと思います。
本当にありがとうございました。


ベリーが旅立ってから1週間近く経ち、少しずつ日常を取り戻しています。
それでも突然襲ってくる悲しみには

ber1-2.jpg

ベリーの羽をながめ




ベリーそっくりのストラップを握ることで

mineo4-2.jpg

なんとか耐えています。




何も手に付かず、ベリーが最期の時を過ごした水槽もそのままだったのですが

ber2-2.jpg

やっと片付けることができました。




ベリーの病気ですが、病院の先生のお話と、ネットでいろいろ調べた情報から推測すると

ber3-2.jpg

食いしん坊なのでつい食べ過ぎる
      ↓
普段から胃に負担がかかっているので季節の変わり目に胃炎になる
      ↓
長年胃炎を繰り返したため胃ガンになる
      ↓
急に食べられなくなったため、肝リピドーシスになる

という経過をたどったようです。

肝リピドーシスというのは、ほんの数日食事をとらなかっただけで体が飢餓状態と判断し、全身の脂肪が肝臓に総動員され、脂肪肝になってしまう怖い病気。
肥満の猫がなりやすい、というのは有名で私ももちろん知っていたのですが、鳥でもなるというのは知りませんでした。

dosukoi1-2.jpg

食いしん坊で肥満だったベリー
でも、まさかそれが原因で命まで落としてしまうなんて。




ベリーがいなくなってから、ごはんがあまり減らなくなりました。

ber4-2.jpg

思っていた以上にレモンよりたくさん食べていたようです。




太ってからは粟穂等のカロリーの高いおやつは一切やめて、毎日必ず放鳥して運動させるようにしていたけれど、本当はレモンと別居させてダイエットフードを食べさせなければいけなかったのかもしれません。
でもそれはどうしてもしたくなかった。
ケンカもするけど仲もいいふたりをどうしても分けたくなかったんです。

ber5-2.jpg

でも結果的にそれが永遠の別れを早めてしまったのだとすれば・・・
私の判断は間違っていたのかもしれません。




その時に自分で考えて考えて決めたことでも、やっぱり後悔してしまいます。
我が家にはもうひとり肝リピドーシス予備軍がいるのですが

ber10-2.jpg

厳しくダイエットすべきか悩んでいます。
難しい問題ですね・・・









次回はレモン特集です

スポンサーサイト
別窓 | セキセイインコ | コメント:8 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<レモンのこと。 | *金魚とインコと猫な日々* | ベリーの旅立ち>>

この記事のコメント

saraさん

こんばんは。
ベリーちゃんの記事、まだまだつらい中ありがとうございます。
ブログ見られてる方々もsaraさんの近況、気にされてた事と思います。

まだまだ悲しいですよね。
ベリーちゃんの病名、私初めて聞きました。
saraさんの言うように、レモンちゃんと別居・ダイエットをしてたら胃がんにはならなかったかも。
でも、本当に「かも」ですよね。
ベリーちゃんはレモンちゃんと一緒に過ごせて幸せだったと思います。

私、あまり上手い事saraさんの気持ちに寄り添う事が出来なかったですけど、本当にずっと見守ってました。
後悔の一つに私との再会を言ってくれてましたが、
私はお邪魔しなくて良かったと思ってます。
私がお邪魔した事でいつもと違う空気感をベリーちゃんは感じたと思いますし、それはベリーちゃんにとってはストレスになったと思います。
私ももちろん会いたかったですけど、ちゃんと私の中にベリーちゃんいてますから。

ブログの皆さまに支えられて少しでもsaraさんが楽になって良かったです。
本当に本当の気持ち分かってくれる人達がsaraさんの周りにたくさんいらしゃって良かったです。

ベリーちゃんのどすこい姿、めっちゃ可愛いです。
また可愛い姿、見せて下さいね。
2017-07-07 Fri 22:44 | URL | あっきょ #- [内容変更]
こんばんは。
いつも1番のコメント、ありがとうございます。

レモンと別居・ダイエットをしてたら胃ガンにはならなかった「かも」。
そうなんです。
胃ガンにはならなかったかもしれませんが、けん制し合う相手がいなかったら卵を産んで、それが原因でもっと短命だった可能性もあるんですよね。
もしそんなことになってたら「少々肥満なくらいで別居させなければよかった」って思ってたでしょうし・・・
結局結果論でしかないんですけど、つい考えてしまうんですよね。

あっきょさんにもう一度会ってもらえなかったのは後悔というより、ただ純粋に会ってほしかった、って。
まさかこんなことになるとは夢にも思ってなかったので残念でなりません。

気持ちをわかっていただけて、ブログをしてて本当によかった、と心の底から思いました。
またベリーの秘蔵?写真載せますので見て下さいね♪
2017-07-08 Sat 23:14 | URL | sara #3g7DD37o [内容変更]
コメントが遅くなってしまいました・・・
かける言葉が見つからなくて 今日に・・・
べりーちゃん・・・きっとsaraさんの子でとっても幸せだったよ!
リンゴとミカン・・・美味しかったって・・・
いろいろ悔やむこともあるかもしれないけれど
それは そんな選択をしたとしても思うことだとおもいます
きっとどれが正解なんてないんだと・・・
saraさんは精一杯 ベリーちゃん愛してたんだよ!
もちろんレモンちゃんのことも うなちゃんのことも・・・
saraさんの周りにいるすべての命あるものをね!
悲しいときは いっぱい悲しんでもいいとおもいます
気持ちを抑え込まないで ココで出してね!

べりーちゃんの ご冥福を心よりお祈りします
2017-07-09 Sun 01:03 | URL | まゆぽん #- [内容変更]
そうですよね、どんな選択をしてもやっぱり悔やんでしまうのかもしれないですね。
厳しいダイエットさせて、もし肥満とは関係ないことで亡くなってしまったら、「こんなことになるならもっと好きなものをいっぱい食べさせてあげたらよかった」とか・・・
反省は大切ですけど、あまりくよくよ考えてたらダメですよね。

ありがとうございます。
ここに悲しい気持ちをいっぱい吐き出させてもらって、だいぶ元気になりました。
2017-07-10 Mon 15:29 | URL | sara #3g7DD37o [内容変更]
saraさん、

先日、スーパーで、豆苗やみかん、りんごが並んでいるのを見て、
涙が出そうになりました。

saraさんのインコちゃんたちのたくさんの記事を思い出しながら、
毎日、ベリーちゃんのことを思っています。

ベリーちゃん、レモンちゃんの小さい頃からの過去記事は温かさや和やかさ、優しさが溢れていて、可愛らしい楽しい会話が聞こえてくるようです。
ベリーちゃん、とても幸せだっただろうなあ、と思います。

病気のこと、そうだったのですね。

医学的にはよいかもしれない食事制限や別居は、ストレスあり無理あり味気ない生活かもしれません。 それよりも、ベリーちゃんは、大好きなレモンちゃんと一緒にいて、おいしく食べて、無理のない自然体のおおらかな明るい生活を謳歌できて、すごく嬉しかったのでは、と思います。 

どうしたらベストだったかとかは、答えはなかなか難しいものだと思います。
その時その時に考えて、一番よいと考えたことをした、ということで十分だと思います。 

saraさんは、ベリーちゃんの気持ちを汲みながらお世話なさって、
ベリーちゃんは幸せですごく喜んでいたのでは、と思います。

お辛いと思いますが、ゆっくり、
ベリーちゃんはsaraさんの笑顔を待っていると思います。 



追伸:昨夜、コメントを送信させていただいたつもりだったのですが、消えてしまったみたいです。
PC音痴の私でごめんなさい。 今夜、もう一度コメント送らせてくださいね。
2017-07-11 Tue 02:35 | URL | mko #1YYTLALU [内容変更]
ペットさんの食の問題、これは永遠の課題ですよね。
本来のペットさんの食性とは明らかに異なる、ペットフード中心の食生活。
長年飼っていても、これが正解という答えを導き出すのは不可能かも知れません。
それ程、難しい問題ですよね。

あの腸の弱いじゃこちゃんを6歳まで長生きさせたsaraさんの実績、それが答えなのかも知れません。
食は飼い主さんとペットさんのコミュニケーション。
コミュニケーションがとれていれば、健康は維持されます。
私でも、じゃこちゃんを6歳まで長生きさせるのは不可能かも知れません。

べりーちゃんが8歳まで生きれたのも、saraさんとのコミュニケーションがしっかりしていた証。
後悔の念など無いはずです。
胸を張って下さい。
うなちゃんもsaraさんが保護しなかったら、今日という日は無い命。

saraさんは皆に平等に愛情を注ぎ続け、それぞれの命を重んじてきました。
だからこそ、うなちゃんレモンちゃんの事を一番理解しているのもsaraさん。
saraさん自ら、答えは導き出される事でしょう。

だから後悔などせず、これからもうなちゃんレモンちゃんと楽しいコミュニケーションを取り合って行って下さい。
ベリーちゃん達も、それを望んでいる筈です。

次回のレモンちゃん特集、楽しみにしています。
それでは、頑張って下さいね。
2017-07-12 Wed 20:53 | URL | ぽちったー #- [内容変更]
あれから10日以上経ち、もう泣くこともあまりなくなってきましたが、mkoさんのメッセージを読んでまた涙があふれました。
mkoさん、優し過ぎます・・・

「ベリーちゃんは、大好きなレモンちゃんと一緒にいて、おいしく食べて、無理のない自然体のおおらかな明るい生活を謳歌できて、すごく嬉しかったのでは、と思います。」
私もそう思いたかったんです。
だけど、そんな自分に都合のいいように思うのはいけないような気がして・・・
でもmkoさんにそう言ってもらえて、まるでベリーに言ってもらえたような気がしました。

「その時その時に考えて、一番よいと考えたことをした、ということで十分だと思います。」
ありがとうございます。
これ以上の言葉はありません。
なんだか心がすーっと軽くなりました。

mkoさんのおかげで私はもう大丈夫です。
本当にありがとうございました。
2017-07-13 Thu 00:03 | URL | sara #3g7DD37o [内容変更]
お忙しい中、メッセージありがとうございます。

本当に食の問題は難しいですよね。
人間なら小さい頃は親から与えられた物しか食べてなくても大きくなったら自分で選ぶようになりますが、ペットは一生飼い主から与えられた物しか食べないんですから、それだけ責任重大です。
私自身が、節制して長生きするよりは、そこそこに楽しんでそこそこ生きられたらいいと思っているので(汗)どうしても厳しいダイエットをさせることができないんですよね~
でも金魚は全員転覆にしてしまったし、ベリーは食べ過ぎが原因で、となるとやっぱり胸は張れないですよ、やっぱり後悔しちゃいますよ。
だからといって、ベリー以上に食いしん坊のうなの食の楽しみを奪うこともできず・・・
ずっと悩み続けるのだと思います。
それだけ愛してるからこそ、なんですけどね。

これから暑さも忙しさも本番、体にはくれぐれも気をつけて下さいね。
2017-07-13 Thu 00:34 | URL | sara #3g7DD37o [内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| *金魚とインコと猫な日々* |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。