FC2ブログ

*金魚とインコと猫な日々*

金魚とセキセイインコと猫との日々を写真を中心に10年間綴ってきました。

決めていたこと

前回の記事にはたくさんの温かいメッセージをありがとうございました。
みなさんに愛されて、レモンちゃんは幸せだったと思います。


レモンちゃんが旅立ってからもうすぐ2週間。

2shu-kan1-2.jpg

こぶたさんによると、レモンちゃんがいなくなったあと、みんななんかつまらなそうなんだそうです。
寂しく思ってくれているのだとしたら切ないですね。




こぶたさんも、ご飯や青菜をつい4人分用意してしまうそうで

2shu-kan2-2.jpg

辛い思いをさせてしまって申し訳ない気持ちでいっぱいです。




レモンちゃんに、そしてこぶたさんとインコーズのみなさんに感謝の気持ちを込めて、お花を送らせてもらいました。

2shu-kan3.jpg

レモンちゃんのイメージで、黄色いお花を中心に作ってもらった小さなアレンジメント。




お花といえば、レモンちゃんの最期も

lemonL7-2.jpg

いっぱいのお花と一緒に見送っていただきました。




こぶたさんちにお嫁入りして、すぐに9歳になったレモンちゃん。
もしもの時はどうするか、何度も話し合ってきました。

2shu-kan5-2.jpg

こぶたさんは過去にインコを病院に連れて行ってかえって苦しませて死なせた経験があり、私もベリーの時に同じ思いをしたので「病院へは連れて行かない」ことを決めていました。
レモンちゃんの具合が悪くなったら、きっとそれは老衰だから、そのまま静かに逝かせてあげよう、と。
その通り、苦しむことなく眠るように旅立つことができて本当によかったと思います。




それからもうひとつ決めていたことは、レモンちゃんが眠る場所はこぶたさんにお願いするということ。
こぶたさんちに行って日が浅かったなら連れて帰ってベリーの隣に埋葬したかもしれないけれど、もうすっかりこぶたさんちの子になったのだから、そうしてもらうべきだと考えたのです。

lemonL6-2.jpg

そうして、こぶたさんちの歴代のインコさん達が眠る動物霊園で荼毘に付していただくことになりました。
こちらの動物霊園は、真心込めてとても手厚く執り行ってくださるそうで




35日間は骨壷は祭壇に祀って、その後共同墓地に入るそうです。
レモンちゃんは寂しがりやだから、その方が寂しくないよね。

2shu-kan4-2.jpg

我が家からはちょっと遠いのですが、いつかお参りに行きたいと思っています。
レモンちゃん、もうちょっと待っててね。








その時はベリーの羽をひとつ持って行くからね。

スポンサーサイト



別窓 | セキセイインコ | コメント:6 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| *金魚とインコと猫な日々* |