*金魚とインコと猫な日々*

セキセイインコ2羽、猫1匹との日々と、8年間を共にした金魚達との思い出を写真を中心に綴ります。

恋の行方

お盆休み中はなにかと忙しく、その上夏風邪をひいてしまったので更新が遅くなりました
暑い毎日ですが皆さんはお元気でお過ごしでしょうか?

レモンばかりで最近はブログに登場していなかったうなこさん。

love1-2.jpg

昨日の夜中のすごい雨と雷
そして雨宿り中の野良猫さん同士がウチの軒下でケンカを始めたものだからうなも興奮して眠れなかったようで、なんだか体調を崩してしまいました。




たったそれだけで具合悪くなるなんて相変わらず弱っちいわねぇ

love2-2.jpg

でもごはんの時間になるとしっかり起きてきていっぱい食べてるので、心配はいらないと思います




こぶたさんからは毎日のようにレモンの様子を知らせるメールが届いていました
気になるのは恋の行方(*´艸`)
まずはこぶたさんちのインコーズの名前をおさらいしておきますね

love3-2.jpg

レモンがお嫁入りする前の3羽の関係は

チョコくんがまりもちゃんに猛アタック
          ↓
まりもちゃんは雛の頃からずっとバナくんが大好き
          ↓
バナくんはチョコくんに遠慮してまりもちゃんにアタックせず

という三角関係だったんだそうです。




そこへレモンが乱入!?

love4-2.jpg

チョコくん、逃げてーーー




love5-2.jpg

レモン猛アタック開始




love6-2.jpg

まりもちゃんにも宣戦布告!?




love7-2.jpg

そして押して押して押し続けた結果




ついにチョコくんのOKが

love8-2.jpg

きゃーーー見てるこっちが恥ずかしいーーー




そしてバナくんとまりもちゃんもペアになり

love9-2.jpg




今では放鳥するとペアで分かれるそうです

love10-2.jpg

めでたしめでたし・・・
で、いいんでしょうか!?
やっぱりチョコくんが気の毒過ぎて




love11-2.jpg

だって年齢が・・・
レモンは幸せそうでうれしいのですが、チョコくんのことを考えるとちょっと複雑な気持ちです。


そして最後になりましたが、こぶたさん、送ってもらった写真に

勝手にセリフ付けてすみませんでした~~~!









インコーズのこれからに目が離せません

スポンサーサイト
別窓 | セキセイインコ | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

9回目のインコ記念日

今日、日は回目のインコ記念日
去年のインコ記念日の記事に「来年の誕生日も揃って元気に迎えようね!」と書きましたが、残念ながらそれは叶いませんでした。

9sai1-2.jpg

でもベリーがいない寂しさはありますが、レモンがいない寂しさはありません。
なぜならこぶたさんちでとても幸せそうに暮らしてくれているからです。




こぶたさんちにお嫁入りしたレモンは日に日に馴染んでいき、食欲も旺盛で

9sai2-2.jpg

クチバシが青くなるまで青菜を食べたり




他の子のおうちに入ってごはんを食べたりしているそうです(笑)

9sai3-2.jpg

いやアナタ、そんな食いしん坊キャラじゃなかったはずだけど?




見て下さい、このふっくらボディ

9sai4-2.jpg

ベリーがいなくなってからは食欲が落ちて痩せていく一方だったのに、すっかり元に・・・
いえ、元以上にお太りになられたようで




そして、な・なんと、レモン初めての恋

9sai5-2.jpg

チョコくんとちょっといい感じなんだそうです




ケージ越しに愛を語らうふたり

9sai6-2.jpg

とっても微笑ましいけれど・・・チョコくん、いいの?
レモンは人間に換算すると72歳ですよ!?
(ちなみにチョコくんは27歳の青年です




こんな楽しい日々を送っているレモン
ちょうど1週間が経った頃に決意表明が届きました。

9sai7-2.jpg

私でもこぶたさんでもなく、レモンが自分でそう決めたと、この写真を見て思いました。
そして期限を決めていなかったトライアル期間を終了することにしたのです。




こうして正式にこぶたさんちのインコーズの一員になったレモン
今日はレモンタルトにロウソクを9本立ててお祝いして下さったそうです。

9sai8-2.jpg

9歳のお誕生日おめでとう、レモン

こぶたさん、どうか末永くレモンのことをよろしくお願いします。









心配して下さったみなさま、ありがとうございました!

別窓 | セキセイインコ | コメント:8 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

幸せへの階段

レモンのことではご心配おかけしております。
文章は少なく写真は多く、またできるだけ明るく、というスタンスのブログですので、前回の記事では悩み苦しんだことをくどくどとは書きませんでした。
ですが、今回のようなデリケートな問題についてはそれでは言葉が足りなかったと反省しております。
レモンのことを思いコメント下さった方々、本当にありがとうございました。



レモンのお嫁入りの日は、次男の運転でお届けできる火曜日に決まりました
その2日前、長男とは最後になる日曜日。

kaidan3-2.jpg

パンで誘うと、なんと長男の手に飛んできてくれたのです




手に乗ってくれたのはベリーが亡くなって初めてのこと。

kaidan4-2.jpg

ありがとうね、レモちゃん。
本当に最後にサービスしてくれたんだね




お嫁入りの前日には鳥カゴを丸洗いしました。

kaidan5-2.jpg

周りの環境がすべて変わってしまうので、慣れるまでは今のカゴのままで、とこぶたさんにお願いしていたからです。




そして当日。

kaidan7-2.jpg

助手席を1番前までスライドさせると後部座席との間にちょうどきっちりハマったので




布を掛けて出発

kaidan8-2.jpg

パニックにならないか心配していたのですが、なんの問題もなく無事着くことができました。




こぶたさんちではパグのララちゃんがお出迎え

kaidan9-2.jpg

「かわいいかわいい」と次男がメロメロになっておりました(笑)




セキセイインコは3羽。
これは伺う前に送ってもらっていた写真ですが

kaidan10-2.jpg

右からバナくん、チョコくん、まりもちゃん
男の子2羽は珍しいジャンボセキセイです。




レモンのカゴ用のスペースを空けて下さってたのでとりあえず設置。
男の子と男の子の間でブルゾンちえみ状態?

kaidan11-2.jpg

でもさすがに急過ぎて、男の子達もレモンもバタバタしちゃったのですぐに退散




まりもちゃんと場所を代わってもらったら、壁に囲まれているからかすぐに落ち着きを取り戻しました。

kaidan12-2.jpg

しばらく様子を見ていたのですが大丈夫そうだったので、あとはこぶたさんにお任せすることに。




その日の夕方にはごはんもちゃんと食べてくれたと連絡があり一安心。

kaidan13-2.jpg

先住さんの放鳥時には、まりもちゃんが一緒に遊ぼう♪とレモンを誘いに行ってくれたそうです。




そして2日後には、早くも一緒に放鳥してもらうことができました
この写真を見た時にはもう涙が止まらなくて

kaidan14-2.jpg

そしてなんと、カゴに戻る時はこぶたさんの手に乗って帰ったそうなんです!
手に乗って帰るなんて、我が家では8年間に1度だってなかったのに。




その日の夕方の放鳥時には、仲良く一緒に粟穂を食べることができたと連絡をいただきました。
この写真を見てまた涙が・・・

kaidan15-2.jpg

粟穂はベリーが際限なく食べてしまうので、もう何年もあげてませんでした。
おいしかっただろうなぁ、うれしかっただろうなぁ。




チョコくん、バナくん、まりもちゃん、レモンを受け入れてくれてありがとう。

kaidan16-2.jpg

レモちゃん、よかったね、もうひとりぼっちじゃないね。寂しくないね。

レモンは幸せへの階段を確実に一段ずつのぼりはじめました









引き続き温かく見守っていただけるとうれしいです。

別窓 | セキセイインコ | コメント:18 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

幸せへの一歩

ご心配いただいているレモンですが

kobuta1-2.jpg

最近、放鳥した時に、こんな風にカーテンの上にいることが多くなりました。




これはベランダ側から見たところ。

kobuta2-2.jpg

外にいるスズメや近くで飼われている鳥の鳴き声に向かって呼び鳴きをしているのです。




ベリーがいた頃もカーテンにはよく乗っていましたが、外を見ることはほとんどありませんでした。

kobuta3.jpg

やっぱりレモンは寂しくて、お友達が欲しくて仕方がないのです。




その姿を見て、私は痛感しました。

kobuta9-2.jpg

レモンが幸せになるためにはお友達が必要だ、と。




でも、うながいるので新しいお友達を我が家に迎えることはできません。
こんな、外もよく見えない二重カゴの中で生活させなくてはならないからです。

kobuta4-2.jpg

それにベリーレモンはなぜか猫を全く怖がらなかったのですが、新しい子は怖がるかもしれません。




それ以前にレモンと相性が合わないかもしれないし、近い将来レモンが亡くなってしまったらまたその子がひとりぼっちになってしまう。

kobuta5-2.jpg

あれこれ悩みに悩んだ末、決断しました。
レモンを里子に出そう、と。
もしかしたら、同じように相棒に先立たれたとかで同じ年くらいの子を探している人がいるかもしれないと思ったんです。




そしてその決意を前回記事のコメントのお返事に書いたところ・・・
ナントすぐに里親に手を挙げて下さる方が現れたのです!

kobuta6-2.jpg

それはこぶたさん
ベリーレモンがヒナヒナの頃からずっとブログを見て下さってて、それをきっかけにセキセイインコをお迎えされた方なんです。
私が里親募集サイトに載せる予定だとコメントのお返事に書いたので「レモンちゃんが見知らぬ人に貰われてしまうのは耐えられない」と「レモンちゃんの余生は私にお任せ下さい」とメールを下さったのでした。




こぶたさんちには今、セキセイインコの男の子が2羽、女の子が1羽暮らしているそうで、放鳥の時以外は1羽ずつ別々のケージで暮らしているとのこと。

kobuta7-2.jpg

レモンが他の子をいじめるのが一番の心配だったので、その点において最高の環境。
そして家も近いので(車で40分くらい)もしレモンが新しい環境に馴染めなかったらすぐに引き取りにも行けるんです。




里親募集サイトだと譲渡という形になってしまいますが、こぶたさんは
「譲渡とか里子とか考えずに、レモンちゃんをより楽しい環境に移動してもらう、という風に考えたらどうでしょう?」と言って下さっています。
私にとってもレモンにとっても、これ以上のことはありません。

kobuta8-2.jpg

うん、そう、きっとそうだよ、本当によかったね、レモちゃん


レモンのことを心配して下さってる方々、本当にありがとうございます。
レモンは新たな幸せへの一歩を踏み出しました









どうか温かく見守ってやって下さい

別窓 | セキセイインコ | コメント:15 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

レモンのこと。

ベリーが入院したあと、レモンは1日中ベリーを呼んで鳴いていました。

lemokoto1-2.jpg

退院してきたあとも、少し会わせただけで隣の部屋で療養させていたので、やはり1日中ベリーを呼んでいました。
その声に1度だけ、ベリーは答えて、小さく鳴いたんです。
亡くなる前日、もう鳴く元気なんてなかったのに。
あの声はレモンに届いていたのでしょうか。




亡くなったあと、ベリーの亡骸をレモンに見せました。

lemokoto2-2.jpg

近くには来ませんでしたが、長い時間じっと見つめていました。
そのあと、お棺に入れてベリーの好きなものやお花を入れて最後のお別れをする間も、レモンは黙って、ただじっと見ていました。




翌日からレモンは呼び鳴きをしなくなりました。

lemokoto3-2.jpg

ベリーの死を理解してくれたのだと思います。




でもそれと同時に、レモンは何もしなくなりました。
放鳥してもただカーテンレールに止まったきり。

lemokoto4-2.jpg

壁をかじるのも




豆苗を食べるのも

lemokoto5-2.jpg

居眠りも




水浴びも

lemokoto6-2.jpg

羽繕いさえせず




ただただじっとしているだけ。
大好きなパンで誘ってもこちらに飛んでくることもありません。

lemokoto7-2.jpg

レモンは思っていた以上にベリーに依存していたのです。
ベリーと一緒じゃないとひとりでは何もできないレモン




もともと手を差し出しても絶対に乗ってはきませんでした。

kodama1-2.jpg

それでもレモンの方からは人間のところに来ていました。
でもそれはベリーが来ていたから。
ベリーがいなくなった今、レモンは手乗りではなくなってしまいました。




ひとりになって寂しいだろうから、遊んであげたいのに

lemokoto8-2.jpg

近くに行くと逃げられてしまう。




放鳥していてもこんな状態なので、カゴの中にいる時はもっと寂しそう。

lemokoto9-2.jpg

どうしたらレモンのことを幸せにしてあげられるのだろう・・・
考えて続けている毎日です。









レモンの気持ちを思うと胸が苦しいです・・・


別窓 | セキセイインコ | コメント:18 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| *金魚とインコと猫な日々* | NEXT